当社のアプローチ

Finantixでは導入パートナーの皆様とともに、現場での即時導入可能なモジュール導入に関する長年の経験を用いて、TtoMの短縮、プロジェクトリスクの低減、またはミッションクリティカルなデジタルプロジェクトにおけるオーナーシップとプロジェクト管理手法の改善を目的に、従来型のウォーターフォール型ビルドから信頼性の高いスクラッチプロジェクト管理のアプローチを以下のように開発しました。

ビジョンの証明

全てのデジタルプロジェクトには、ユーザーに全く新しいユーザー体験を提供することと、現状のソリューションやシステム対比で、プロセスや実行レベルにおける明確な改善を行う、という二つの大きな目的があります。

このフェーズでは、Finantix のコンポーネントを活用して、ステークホルダーやスポンサーと共同でプロトタイプを動かし、PoCを通じて、UI/UXの戦略的パートナーが構築した革新的ユーザー体験やモックアップが以下の内容を実現できているかを検証します :

  • 実際に稼働する(クリックのシミュレーションではなく、完全なユースケースのデモ)
  • フロントエンドからバックエンドまでのプロセスの理解( 重要な統合がエンドツーエンドで稼働するかを提示、等)
  • 検証フェーズで対処されるべき重要箇所や、不具合が起こりやすいユースケースを特定可能
  • より優れたビジネスケースやプロジェクト計画策定のための基盤構築


Finantixのコンポーネントが最終的なデジタルソリューションの構築や下支えにいかに貢献するかが、このようなフェーズにおいて明らかになります。

即時利用可能なFinantixのアクセラレーターを、デジタル化プロジェクトにご活用ください

ソリューション

コンポーネント

エンジン

ウィジェット

API

Quick Wins (短期間であげられる成果)

複数のデバイスやユーザーチャンネルにおけるFinantixコンポーネントの即効性により、短期間で成果を期待できる有用なプロジェクトの、ファーストチャンネル・クリティカルデバイス・重要な地域・特定のユーザーコミュニティなどに対するリスクを低減した形での迅速なリリースが可能となります。

  • 革新的なデジタルプロジェクトにおいて、具体的な結果を早期に実現
  • ユーザーからのフィードバックを可及的速やかに集計
  • 統合や新規プロセスなどの重要事項に関する課題やソリューションの微調整
  • 更なるサポーター、スポンサー、そしてステークホルダーの参加を促進
  • フェーズの追加を適切に計画
  • ビジネスケースの承認フェーズで定義されたKPIの分析・測定