レポート:ウェルスマネジメント分野における人工知能の活用

人工知能(AI)は、間違いなく現在最もエキサイティングな題材の一つです。

この技術は人々の想像力を掻き立て、メディアでもとても頻繁に取り上げられるようになりました。驚異的なブレークスルーや壊滅的な危機への警鐘といった形で、大きなニュースが毎日のように報じられています。

技術の発展(そして官民における導入)は目まぐるしいスピードで進んでおり、一部では、AIが人間の理解能力や管理能力の先を進んでいるのではないか、と危惧されています。「機械による革命」により大量失業が起こる懸念は、金融を含む各業界において繰り返し議論される話題となりました。

少なくとも、AIはウェルスマネジメントを含む金融サービスの提供方法に関しては、広範囲な再編成を促すことでしょう。

一方で、本レポートが提示するように、このニッチなセクターにおいては、冗長性が一番の取り組むべきテーマではありません。

それよりも重要なのが、AIやその他の新興技術は、同業界の生き残りにとって最も重要となる課題の多くを解決する手段になるということです。市場における資産合計は堅調に推移しているかもしれませんが、ウェルスマネージャーは現在、競争の激化・運用コストの増加・収益性の低下という複数の問題に直面しています。

税引前利益率の水準は、この10年間で1/3弱も低下したといわれています。これにより、ローテクな業態を維持・継続することは不可能に近い状態となっております。

その間、テクノロジーが表舞台に躍り出る様子は見事でした。今ではテクノロジーが業界の話題の中心であり、多くの企業における成長戦略の中核となっています。ウェルスマネジメント業界が変革していく過程において、AI導入は次の、そしておそらくもっとも大きな変化を及ぼす、飛躍をもたらすことと思われます。

AIが全ての問題を魔法のように解決してくれるということでは決してありませんが、正しいアプローチを行っていれば、解決策の大きな部分をAIが占めるはずです。よって表題の通り、金融機関はAI「ブーム」に惑わされることなく、自社のビジネスモデルや顧客に関連し得るすべてのユースケースについて、緊急性をもって検討を開始しなければなりません。

Name *

Company *

Email *

Phone

I authorize the processing of personal data in agreement with your Privacy & Cookie Policy *

* Mandatory fields